保育士の鉄則


保育士ならば、これだけは守れ!
by zmqjjrviba
プロフィールを見る
画像一覧

信長も入浴? 京都・二条屋敷跡から風呂の遺構(産経新聞)

 織田信長が安土桃山時代に、京都に造営した二条殿御池城(二条屋敷)の風呂の遺構が京都市中京区の発掘現場で見つかり、市埋蔵文化財研究所が28日、発表した。風呂は信長自身も利用した可能性があり、同研究所は二条屋敷の姿を探る貴重な資料としている。

 見つかった風呂遺構は東西約7メートル、南北約6メートルの規模で、大型の竈(かまど)2基と井戸、土間が確認された。そのうち竈1基の周囲には風呂屋形(やかた)(浴室建物)を支えたとみられる約10個の礎石があった。竈に鉄製の桶(おけ)を置き、そのうえに簀(す)の子をしいて、湯をわかして、蒸し風呂にしたらしい。

 二条屋敷は、信長が住まいとして現在の京都市中心部に1576年に造営。池と泉の庭園が有名だった二条家の邸宅を利用してつくられたとされ、約120メートル四方の規模を誇った。平成14年の発掘調査では庭園遺構の一部が確認された。

 今回の風呂遺構は、二条屋敷の中では南側、庭園に接するとみられる位置で確認された。同研究所では竈が大きなことなどから、屋敷内の浴室施設の遺構と断定した。

 同研究所は「入浴はぜいたくな楽しみだった。信長も利用したかもしれないが、庭を望み、客人をもてなすために建てられた可能性がある」としている。

 同研究所では出土した資料などを5月1日から同16日まで京都市考古資料館(上京区)で展示する。入場無料。

【関連記事】
織田、結婚に「幸せ」 スケート祝賀会で
東京・上野の「細川家の至宝」展 信長文書3通が初公開
信長のまち二分 滋賀・安土町リコール町議選で合併反対派が過半数
愛情が生むメダリスト 織田家の無念と父からの課題
「信長の命令で廃絶」示す遺構出土 奈良・筒井城跡

民家全焼さらに1遺体 兵庫・加西の高齢夫婦宅(産経新聞)
<厚労省>余剰金未返納3〜5億円 1930件分手続き怠る(毎日新聞)
<訃報>神原武雄さん97歳=元江商社長
与謝野、舛添氏を除名=自民(時事通信)
民家全焼さらに1遺体 兵庫・加西の高齢夫婦宅(産経新聞)
[PR]
by zmqjjrviba | 2010-05-01 02:53

カテゴリ

全体
未分類

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧